北海道大学ワンダーフォーゲル部
Hokkaido University Wandervogel Verein


ワンゲルの精神    一年間の活動    部員紹介    ワンゲルの歴史   





ワンダーフォーゲル(Wandervogel)ってのはドイツ語で「渡り鳥」という意味。

huwv_logo1.png

僕たちは、山を征服してやろうとは思っていない
単に運動が目的の大掛かりな散歩をしようというのでもない
僕たちのやることは、ワンゲルの文字通り、一介の渡り鳥になること
自然を征服する代わりに自然の一部になろうとすることだ
神々しく雄大な山地を歩き、青く透き通った沢を登り、凛と聳え立つ岩を登り
滔々と流れる川を下り、地平線の見える平地を歩き、鬱蒼とした林を進み
白銀の大地でスキーをし、荒れ狂う自然の中に飛び込み、広大な原野を散策し
さんさんと照る太陽の下で昼寝をし、星降る夜空で焚火をしながら酒を飲み
村から村へ、町から町へとさ迷い歩き、気の向くままに、足の向くままに歩きまわる
こんな精神には、高邁な理想や、難しい理論はない
ただ、渡り鳥のように、手軽に、山や野や岳を歩きまわれば良い
自然を愛するというよりも、自然に溶け込み、自然の一部になりきる

それがワンダーフォーゲル部
一緒に彷徨い、旅をしませんか?
inserted by FC2 system